さいころ倶楽部

ボードゲームを題材にした漫画『放課後さいころ倶楽部』に登場するボドゲを詳しく紹介!2019年10月よりアニメ放送開始!!

アニメ『放課後さいころ倶楽部』で登場したボードゲーム

放課後さいころ倶楽部

出典:bs11.jp

作者:中道裕大(なかみちひろお)先生が描く、ボードゲームを題材にした漫画『放課後さいころ倶楽部』が2019年10月2日(水)~TV放送開始!!

登場したボードゲーム

アニメ『放課後さいころ倶楽部』に登場したボードゲームの遊び方を解説していきます。

第1話「マラケシュ」

『放課後さいころ倶楽部』作中で一番最初に登場した記念すべきボードゲーム。

7×7の盤上に絨毯を配置していき、共通コマをダイスで動かして自分の絨毯の上に踏ませると得点が入る。

コンポーネントが可愛くお洒落なボドゲ。

第2話「ごきぶりポーカー」

手軽にできるブラフ(嘘吐き)ゲーム。私自身リアルでのこいつ〝G〟は大嫌いなのですが「これは面白いです!」プレイした事ある人からしたらこのセリフさえブラフに感じてしまうかもしれませんがw

同じ害虫カードを4枚、もしくは8種類の害虫カードを押し付けられたら負け。心を鬼にして嘘を吐くのが楽しいですね…()

第3話「インカの黄金」

お宝を目指して洞窟の奥へ進んで行くが、探検に危険は付き物。宝石をたくさん集めたい…が、欲張りすぎると失敗する。所謂チキンレース。

基本的には全員が同時進行となるので待ちも少なく、皆でワイワイできる。宝石のコンポーネントをジャラジャラと持ち帰るのは気持ちが良い!

第4話「ニムト」/「ハゲタカのえじき」

大定番のボードゲーム。良く言えば安定、悪く言えばシンプル。と思わせて奥深い。 トランプやUNOが楽しめるなら間違いなく面白い。

104枚の数字カード、10枚の手札、場には4列のカード。一斉に出し、昇順に並べていくが6枚目に並ぶカードを出した人はドボン!

シンプルイズベスト。凄く簡単なようで頭を悩ませる、天才が作り上げた名作。

1~15、15枚の数字カードを使って、-5~+10、15枚の得失点カードを取り合いしていくゲーム。

人より大きい数字を出せば得点を取れるが、同じ数字で被ってしまうと両者共に取れない。読み合いが楽しい神ゲー。

第5話「ごいた」

石川県能登の伝統ゲームが2008年にカード化し全国デビュー。

「ごいた」は4人プレイ。対角線がペアでのチーム戦となります。

同じ駒と〝王〟のみ「受ける」ことができ、手札の8枚をどちらか1人が先に無くしたペアの勝ち。読み合いとカウンティング、仲間との連携が肝!

併せて読みたい