さいころ倶楽部

ボードゲームを題材にした漫画『放課後さいころ倶楽部』に登場するボドゲを詳しく紹介!2019年10月よりアニメ放送開始!!

ねことねずみの大レース|ルール・遊び方解説【第7話】

放課後すごろく倶楽部のねことねずみの大レース
出典:漫画『放課後さいころ倶楽部』1巻

漫画『放課後さいころ倶楽部』1巻、第7話「こんなぬくい。」で登場するボードゲーム。

 

アヤとは似ても似つかないお淑やかな姉ハナと運命的な出会いを果たしたミキとミドリが4人と1匹の猫で遊んだネコ好きには堪らない(?)本作3つ目に紹介されたボドゲ。

ねことねずみの大レース|概要


出典:jellyjellycafe.com
プレイ人数 2-4人
プレイ時間 約30分
ジャンル すごろく
難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆

ねことねずみの大レース|ルール

ここは食べるか食べられるかの世界…!

目的

ねこに食べられる前にチーズをたくさん食べよう!

準備

  • ねずみを各プレイヤー1色ずつねずみの家(スタート地点)に配置。(3~4人なら4匹、2人なら5匹)
  • ねこをプレイ人数に応じた初期位置に配置。
  • 四隅のチーズの部屋とチーズの国に場所に応じたチーズを各4つずつ配置。
  • 適当な方法(じゃんけん等)でスタートプレイヤーを決め時計回りに進行する。

行動

ねことねずみの大レースのルール

手番プレイヤーはダイスを振ってねずみを進ませます。

 

ダイスの目は2~5は通常仕様だが、その他の目はねこの目1×2となっており、この目に止まるとねこも一緒に1マス進むことになります。

※(この場合、自分のねずみを進ませた後にねこを進ませる。)

 

ねこは二週目に入ると加速し2マスずつ進みます。

禁止行為

1マスにつき4匹までしか入れません。

※手前のねずみを動かしたい場合、ダイスの目が残っていても1マス手前で停止する事になります。


ダイスの目を分散させて複数のねずみを動かすことはできません。

※一手番に付き、1匹のねずみだけ動かす事ができます。


チーズの部屋に入ったねずみは再び外に出ることはできません。

※お腹いっぱいで動けません(?)


ねこがねずみの家を通り過ぎたら(2週目に入ったら)ねずみは家から出ることはできません。

※この時点で実質食べられていることになります。

終了条件

全てのねずみがチーズの部屋またはチーズの国に入るか、ねこに食べられたら終了。

 

チーズをたくさん食べたねずみのプレイヤーが勝ち。

得点計算

四隅にあるチーズの部屋またはチーズの国に辿り着けば得点。

※チーズの部屋は近い順から1欠片、2欠片、3欠片、4欠片と増えていきチーズの国では1ホール(6欠片分)のチーズが各4個ずつ配置されています。

ねことねずみの大レース|解説・感想

「ねことねずみの大レース」はお子様向けかと思いきや壮絶な弱肉強食の世界が繰り広げられるTHE☆鼠生ゲーム。

「ねずみさん食べられちゃうとかねこさん嫌い」って泣いてしまう大きなお子様もいるかもしれません。

 

木製のコンポーネントがしっかりしていて可愛いですね。素材感が良く手触りも良いです。ねこの悪そうなムフフな顔も堪りません。

小さなお子様でも楽しめる内容となっていますが、口に入れないように注意が必要ですね。

 

さいころゲームなので運要素も大きいですが、どのタイミングでチーズを狙うかなどチキンレース要素もあって面白いです。

ねこに怯えながらハラハラドキドキ楽しくプレイできますね。

こちらの記事もよく読まれています